レコーディングしている男性

前日は体調を整える

人差し指を立てるモデルさん

 最近は、声優さんよりも役者さんを起用するようになってきました。そんな中で声優の仕事を勝ち取るためにオーディションに受からなければなりません。  注意しなくてはいけないことは、体調管理です。声優に限らずですが、本来の力を発揮するために日頃から体調管理をしなくてはいけません。オーディション前日は、早めに寝てお酒などを飲まないようにするのが良いでしょう。  また、声優はのどに気をつかうので常に飲み物や飴を持参するようにします。外に出かけるときもマスクなどして風をひかないようにするのもポイントです。 こうした普段からの体調管理で体調面でえのオーディション準備は大丈夫です。  オーディションには事前に資料をいただいている場合もあります。そのときは、家などでICレコーダーなどに自分の声を録音してチェックをするとイメージがつかみやすいかもしれません。  当日は、早すぎても困りますが遅刻しないようにするのが鉄則です。緊張すると声帯があまり機能しないので挨拶のときに声を出しておくといいと思います。  現場では、違うバージョンを要求されることもあります。そういった時のために、普段から引き出しをいくつか持っておくと良いでしょう。

 オーディションのときは、一人だけブースに入るときと何人かブースに入ってオーディションされるときがあります。  何人か入ってやる場合は、同じ役のオーディションが多いです。もしも、自分が一番始め出ない場合は、他の声優さんのやり方を聞いて自分を見失ってしまうかもしれません。そんなときにICレコーダーで練習した声を思い出しましょう。  また、音が出て他の人邪魔をしてはいけません。そうならないように服装には気をつかわなければなりません。音のなるような靴やアクセサリーは外して出来たら携帯も電源を切っておくのがマナーです。もしも、音のなるようなものを身につけているとひんしゅくをかうばかりか、自分もオーディションに集中出来なくなってしまいます。そうならないためにも、事前に着ていく服や持って行く物をチェックしてイメージすると安心です。特にイメージすることで、本番では以外に落ち着いて演技できことでしょう。  やはり、いきなり本番にのぞむのではなく、こうした事前準備が大切なのです。